MEN-Net.org 多発性内分泌腫瘍症情報サイト


新着ニュース
MENについて
医療関係者の方へ
関連サイト

 
ごあいさつ「MENについて」コンテンツ MEN1とは?MEN2とは? 遺伝について 患者様・ご家族様へ MEN患者・家族の会 札幌医大附属病院 臨床遺伝外来

札幌医大附属病院の臨床遺伝外来では、遺伝の問題について心配や不安を持っている方や、ご本人やご家族が遺伝性の病気である可能性を告げられた方のご相談をお受けしています。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

信州大医学部附属病院 MEN専門外来

信州大学医学部附属病院遺伝子医療研究センターでは、毎月1回MEN専門外来を開設しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

信州大医学部附属病院セカンドオピニオン外来

信州大学医学部附属病院セカンドオピニオン外来では、MENについてのセカンドオピニオンも受け付けています。詳細や受診方法は、セカンドオピニオン外来HPをご覧ください。

 

京都大学医学部附属病院遺伝子診療部

京都大学医学部附属病院遺伝子診療部では専門の医師によりMEN(MEN1/MEN2)の診療を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

MENニューズレター「むくろじ」

MENの患者さん、ご家族を対象としたニューズレター『むくろじ』を発行しています。ご購読のお申込・バックナンバー閲覧は、こちらから。

top>MENについて>MEN2とは?>8.遺伝子に原因があるならば、遺伝子治療はできませんか?

8.遺伝子に原因があるならば、遺伝子治療はできませんか?

最近「遺伝子治療」ということばをよく耳にします。MEN2の原因が遺伝子の変異にあるのだとしたら、遺伝子治療によってこれを治すことはできないのでしょうか。少なくとも現時点での答えは「いいえ」です。遺伝子治療とは体の特定の部分の細胞内に遺伝子(実際は遺伝子情報の一部を含むDNA)を取り込ませ、目的の蛋白を作らせることによって細胞に新しい機能を加えたり失われた機能を補ったりするものです。つまり現在遺伝子治療とよんでいる治療法はDNAという形の薬物を用いた治療ということもできます。そして遺伝子治療の対象となる病気はほとんどの場合遺伝性のものではありません。また患者さん自身の遺伝子に直接治療を加えるものではありませんし、そのような行為は倫理的にも認められません。ただし将来的にはRET遺伝子の変異によって腫瘍ができてくるしくみがさらに深く解明され、これをもとに原因に基づいた治療やさらには発症予防が可能になると期待されます。つまり遺伝子変異によってMEN2になる体質を持っていても、発症前に治療を行うことで腫瘍の発生を防ぐようにするわけです。そのような未来の治療法の中にはDNAを利用した、いわゆる遺伝子治療も含まれてくるかも知れません。