MEN-Net.org 多発性内分泌腫瘍症情報サイト



 

患者様・ご家族様へ MEN患者・家族の会 札幌医大附属病院 臨床遺伝外来

札幌医大附属病院の臨床遺伝外来では、遺伝の問題について心配や不安を持っている方や、ご本人やご家族が遺伝性の病気である可能性を告げられた方のご相談をお受けしています。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

信州大医学部附属病院 MEN専門外来

信州大学医学部附属病院遺伝子医療研究センターでは、毎月1回MEN専門外来を開設しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

信州大医学部附属病院セカンドオピニオン外来

信州大学医学部附属病院セカンドオピニオン外来では、MENについてのセカンドオピニオンも受け付けています。詳細や受診方法は、セカンドオピニオン外来HPをご覧ください。

 

京都大学医学部附属病院遺伝子診療部

京都大学医学部附属病院遺伝子診療部では専門の医師によりMEN(MEN1/MEN2)の診療を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

MENニューズレター「むくろじ」

MENの患者さん、ご家族を対象としたニューズレター『むくろじ』を発行しています。ご購読のお申込・バックナンバー閲覧は、こちらから。

top>医療関係の方へ>研究の趣旨

全国の医療関係者の皆様

櫻井 晃洋

厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)「多彩な内分泌異常を生じる遺伝性疾患(多発性内分泌腫瘍症およびフォンヒッペル・リンドウ病)の実態把握と診療標準化の研究」班 研究代表者。
多発性内分泌腫瘍症研究コンソーシアム 代表世話人。
札幌医科大学医学部 遺伝医学 教授。
信州大学医学部 遺伝医学・予防医学講座 非常勤講師。

 多発性内分泌腫瘍症情報サイト、MEN-Net.orgにお越しいただきありがとうございます。
 ご存知のようにMEN(MEN1およびMEN2)は頻度の低い単一遺伝子疾患でありますが、私たちは、わが国におけるMEN診療の標準化と質の向上をめざし、2008年に「多発性内分泌腫瘍症研究コンソーシアム」を設立し、また厚生労働省の研究費も得て、日本人患者のデータ集積とその解析、診断基準や重症度分類、診断のためのアルゴリズムなどを作成、公開してきました。最近では本症に伴う腫瘍に対する分子標的薬の実用化が進み、また2016年には甲状腺髄様癌に対してMEN2の有無を診断するためのRET遺伝学的検査が保険収載されるなど、診断・治療に大きな進展が見られています。  
 私たちは得られた成果をこのホームページを通じて医療関係者の皆様に活用していただくとともに、患者さん・ご家族、一般市民の方々にMENを正しく知っていただくための情報発信を続けていきたいと考えております。医療関係者の皆様におかれましては、ぜひ本研究グループの活動にご支援とご協力をいただけますようお願い申しあげます。