MEN-Net.org 多発性内分泌腫瘍症情報サイト


新着ニュース
MENについて
医療関係者の方へ
関連サイト

 
ごあいさつ「MENについて」コンテンツ MEN1とは? MEN2とは? 遺伝について 遺伝カウンセリングについて 患者様・ご家族様へ MEN患者・家族の会 札幌医大附属病院 臨床遺伝外来

札幌医大附属病院の臨床遺伝外来では、遺伝の問題について心配や不安を持っている方や、ご本人やご家族が遺伝性の病気である可能性を告げられた方のご相談をお受けしています。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

信州大医学部附属病院 MEN専門外来

信州大学医学部附属病院遺伝子医療研究センターでは、毎月1回MEN専門外来を開設しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

信州大医学部附属病院セカンドオピニオン外来

信州大学医学部附属病院セカンドオピニオン外来では、MENについてのセカンドオピニオンも受け付けています。詳細や受診方法は、セカンドオピニオン外来HPをご覧ください。

 

京都大学医学部附属病院遺伝子診療部

京都大学医学部附属病院遺伝子診療部では専門の医師によりMEN(MEN1/MEN2)の診療を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

MENニューズレター「むくろじ」

MENの患者さん、ご家族を対象としたニューズレター『むくろじ』を発行しています。ご購読のお申込・バックナンバー閲覧は、こちらから。

top>MENについて>MEN1とは?>2.MEN1ではどのような病気があらわれるのですか?

3.MEN1でできる腫瘍は悪性なのですか?

MEN1に伴って膵臓や脳下垂体にできる腫瘍の大部分は良性腫瘍で、これらは「腺腫」とよばれます。また大部分の副甲状腺は正常に近い特徴を保った細胞が必要以上に増えている状態と考えられ、これは「過形成」とよばれます。腺腫や過形成は基本的に増殖がゆっくりで、身体の他の部分にひろがっていくことはありません。これに対して癌は悪性腫瘍ともよばれ、急速に増殖していくことが多く、血液やリンパ液を介して身体の他の部分にひろがっていきます(転移といいます)。MEN1に伴う腫瘍の中では膵腫瘍とカルチノイド腫瘍の一部は悪性化し、転移をきたすこともあるので注意が必要です。